So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ニコラス・ケイジ、俳優業を3、4年後に引退予定!その後は…?

スポンサーリンク




ニコラス・ケイジは俳優業を続けるのはあと3、4年と考えているようだ。エンタメ系ニュースサイト、ザ・ブラストの映像インタビューの中で、ニコラスは「プロデュース業や監督業の方を…うん、製作に戻るつもりなんだ。私の会社のサターン・フィルムズ(ニコラスが設立した映画製作会社)でやっているけどね」と話し始めた。ニコラスは、サターン・フィルムズで製作した映画、『ソニー』(02)で監督業、『ロード・オブ・ウォー』(05)」や『ウィッカーマン』(06)などでプロデュース業の経験がある。

【写真を見る】俳優業をもうすぐ引退…将来は監督に?

「今は俳優業がメインだから、将来的には監督がやりたいんだ。あと3、4年(俳優を)続けて、それから監督業に専念したい」と語るニコラスだが、『リービング・ラスベガス』(95)でのアカデミー賞受賞歴を持つ実力派だけに、俳優業から身を引くとなれば、多くの人々から惜しまれそうだ。しかし、俳優を引退しても仕事から完全に引退しないことには、いくつかの理由があるという。「はっきり言って、仕事に集中していない時の私は、少々自滅的だからね」と自嘲的に語るニコラスは、浪費癖がたたって借金地獄に見舞われ、その返済のために働き詰めだったことを認めている。

かといって、借金のために仕事を選ばずに行ってきたことで、俳優業に嫌気がさしたわけではないようだ。ニコラスは、「演じるのは楽しいよ。私は映画と演技の持つパワーが好きだし、それに練習も好きなんだ」と話しており、映画に関わり続けていきたいという思いが非常に強いらしい。コッポラ・ファミリーの血を引くうえに、人並み外れた映画出演経験を持つニコラスとあれば、監督としての才能にも大いに期待できそうだ。(Movie Walker・UK在住/シャオ)
(この記事は映画(Movie Walker)から引用させて頂きました)

★FXに興味がある人は  今すぐ確認してみてください。  伝説のFXトレーダー主催の  オンラインスクールが遂に募集開始です。






nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。